友の会読書サークルBooks

本の紹介「宮本常一が見た日本」

「宮本常一が見た日本」佐野真一著、日本放送出版協会、2001年10月、ISBN4-14-080639-7、1785円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【六車恭子 20070222】
●「宮本常一が見た日本」佐野真一著、日本放送出版協会

 2007年は宮本常一生誕100年にあたる。著者は1997年「旅する巨人」で第28回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した作家である。この本はかっての宮本常一の足跡を追体験した旅の記録であり、今と昔が微妙に混ざり合い宮本のまなざしがより露になる瞬間がある。見いだし見いだされた生涯の恩師渋沢敬三とのこと、旅するスタイルの確立、民俗誌でなく生活誌をこそ記録し、「学問は木、人間は伝承の森、人間に向かって歩け!」、「主流になるな、傍流であれ、見落とされたものの中に大切なものがある、それを見つけてゆこう。」……。「記憶に残ったものだけが記録にとどめられる」宮本常一の記録する精神は、忘れられた日本の受け継がれてきた伝承の無数の地図となり、いながらにしてめぐる旅であった、と思える。

 お薦め度:★★★★  対象:駅や郵便局が民俗学の始まり?、と思った人ならだれでも

[トップページ][本の紹介][会合の記録]