友の会読書サークルBooks

本の紹介「地層の知識」

「地層の知識 第四紀をさぐる」 町田洋・新井房夫・森脇広著、東京美術、2000年9月、ISBN4-8087-0691-1、150円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【西村寿雄 20040621】
●「地層の知識」 町田洋・新井房夫・森脇広著、東京美術

 考古学研究に寄与する本として書かれているが、地層と地質についてもわかりよく書かれている。第四紀といっても、この本ではここ1万年以内の洪水や山崩れ、地震や火山噴火など、歴史時代と密接した地質現象を解説しているので興味深い。
 約半ページを割いて「火山の国に特徴的なテフラ(火山灰)層」という項を設け、現在の火山灰研究の成果や研究法などがくわしく書かれている。微細な火山灰から、さまざまな地球の歴史が読み取れていくのがおもしろい。

 お薦め度:★★★  対象:中学生以上

[トップページ][本の紹介][会合の記録]