友の会読書サークルBooks

本の紹介「アフォーダンス」

「アフォーダンス 新しい認知の理論」佐々木正人著、岩波科学ライブラリー、1994年5月、ISBN4-00-006512-2、1000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【西川裕子 20040625】【公開用】
●「アフォーダンス」佐々木正人著、岩波科学ライブラリー

 アフォーダンスの提唱者、ギブスンの研究に始まって、実験を中心に環境と知覚の関わりについて述べられている。トピックは認知一色。環境と知覚を用いてやりとりすることで、自分の状態を知るという考え方は面白かった。
 アフォーダンスについて学ぶには、かなりとっつきやすくわかりやすい本。ただし、話のネタになるトピックは少ないので、娯楽として読むには不向き。
 
 お薦め度:★★★  対象:心理学的なアフォーダンスを学びたいと思っている人

【六車恭子 20040625】
●「アフォーダンス」佐々木正人著、岩波科学ライブラリー

 アフォーダンス理論は1960年代にアメリカの知覚心理学者ジェームス・ギブソンによって提唱された。彼の研究はその後も変遷を重ね、昆虫や動物の「多様な目」と出会うことで、光そのものが、視覚にとって情報になりうることを発見、「生態光学」という理論をあみ出した。今や「人工知能」や「人と機械のコミュニケーション」などの研究分野では注目されている花形理論のようだ。環境は潜在的な可能性の「海」であり、私たちに見い出されることを待っている! ギブソンのアフォーダンス理論は従来の「知覚システム」の「理論くずし」の歴史でもあった。
 アフォーダンス理論の入門書という体裁だが、読む程に怪しくなってしまいそうだ。
 
 お薦め度:★★  対象:複雑系など理論癖のある向きに

【和田岳 20040625】
●「アフォーダンス」佐々木正人著、岩波科学ライブラリー

 ギブスンが提唱したという認知理論アフォーダンス。ギブスンとその追従者の研究の歩みを紹介しながら、アフォーダンスについて解説した本。アフォーダンスとは何かを知りたければ、読んでみましょう。
 アフォーダンスというタイトルに関わらず、むしろ人間の知覚とは何かが、どのような視点から研究されているか、その一面を知ることができる本。それがロボット作りにも関わってくると知れば、興味がわくかも。
 
 お薦め度:★★  対象:人間の知覚に興味のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]